安産祈願のため鴻神社に行ってきました

安産祈願のため鴻神社に行ってきました

妊娠5ヶ月に入りました

5ヶ月になると戌の日のお参りに時期がやってきます

 

最近は、コロナウィルスが流行りだし、病院へ行く以外家から出ていなかったので、当初お参りに行くつもりはありませんでした

 

しかし、初めての赤ちゃんだし、化学流産も経験しているので、今度の赤ちゃんは無事に育って元気に産まれてきてほしい為、主人と話あって出来る限りのことはしよう!と安産祈願に行くことにしました

 

戌の日に行くと、妊婦さんも多く、並んだり待ったりするのかなと思い、私は、晴れた大安の日、夕方の比較的空いている時間にお参りに行くことにしました

 

 

埼玉県にある、鴻神社にお参りに行きました

※祈願に行ったのは緊急事態宣言が出される前になります。

 

鴻神社は子授け、安産祈願のご利益があるとされている神社です

まずは、参拝をしました

鴻神社

鴻神社には、写真をとるためのグッズもおいてあり、記念写真をとることができます

 

御朱印も種類が豊富で、色も入っていてとてもかわいいです

鴻神社 御朱印

種類が沢山あって悩みましたが、私も1枚購入しました

(鴻神社は、書き置きの御朱印のみのようです)

 

 

次にご祈祷の受付をします

お金を支払い、紙に名前を書くと、すぐに案内してもらえました

私達は、初穂料の5000円を支払いました

 

鴻神社は、戌の日と土日は予約なしでご祈祷していただけるみたいです!

 

受付の際に、腹帯を持参すると、判子をおしてもらえます!

私は、さらしの腹帯は普段使わないなと思ったので、急遽母親に買ってきて貰った妊婦帯を持って行きました

鴻神社 腹帯に判子を押してもらえます

パンツタイプでしたが、無事に判子をおしていただけました

これなら産まれるまで履くことが出来そうです

 

 

受付を済ませ、靴を脱いで中に入ります

私達1組だけだったので、広々座ることができました

ご祈祷

ここで祈祷して頂きました

最後に、木でできたこうのとりの卵を二人で触り、願いを込めて、祈祷は終了になります

 

祈祷はあっという間でしたが、名前が書いてある御札を最後にいただきます

鴻神社 安産祈願

その他にも小さいこうのとりの卵のお守りなどいただきました

 

家に帰って、御札、コウノトリの卵は見える位置に飾ってあります

無事に産まれたらお礼参りに行きたいです

 

コロナで大変な時ですが、ご祈祷をして頂いたことで、気持ちにも少し安心感がありました

 

これからもお腹の中の赤ちゃんを大切に育てていきたいです

マタニティカテゴリの最新記事